記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『羽田市場』×『大庄水産』コラボレーションイベント第2弾!


庄やグループ 公式ニュースリリースはこちら→→→


「庄や」など全国で750店舗の飲食店をチェーン展開する株式会社大庄(本社:東京都大田区、代表取締役社長 平 了寿)は、“羽田市場「超速鮮魚®」”を運営するCSN地方創生ネットワーク株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役 野本 良平)とのコラボレーションイベント第2弾として、『貴重かつ絶品の青森県産ウニ』と『天然イクラ』をこぼれんばかりに豪快に使用した「うにいくら合盛めし」「うにめし」「いくらめし」の3品をお得な価格で販売します。

うにいくらめしイベント




販売店舗は豪快な漁師料理でご好評をいただき店舗数を増やしている「大庄水産(だいしょうすいさん)」全国30店舗、販売期間は2016年5月23日(月)から5月27日(金)までの5日間限定で各店舗1日3品各20杯の数量限定です。
なお、同商品は夜の時間帯のみの販売となります。

大庄水産イメージ


ロゴ入りうにいくら



『うにめし』 2,700円(税別)

うにめし



『いくらめし』 1,980円(税別)

いくらめし



『うにいくら合盛めし』 2,400円(税別)

うにいくら合盛メシ


一口でウニいくらを頬張る!!!

うにいくら(食べる)


●絶品!!!すし通が唸る、青森県産キタムラサキウニ
森県産の中でも下北半島のてっぺんに位置する天然本マグロで有名な大間産を中心に、東通産、風間浦産など同県内の優良産地で獲れた天然生ウニのみを厳選しています。この産地のキタムラサキウニは、良質の天然昆布を餌にしているため、粒が大きくしっかりとしており、コクがあり上品な甘さが特徴です。

うに処理



●店内仕込み『天然いくら』
イクラは、アラスカ産の“天然サケ”から獲った天然のイクラのみを使用。ひと粒一粒の皮が程良い固さで、弾ける食感と濃厚な味が絶妙です。また、サケは実は白身で天然のサケは海にいるオキアミなどを食べることで自然と赤くなります。天然サケから獲れるイクラの輝く濃い赤色の成分は、抗酸化作用が強く健康や美容、アンチエイジングに良いとされ、天然サケのイクラでなければ得られない効能と言われています。「羽田市場」経由の絶品素材を「大庄水産」の職人が店内にて味付けしご提供します。

イクラ




【販売店舗】
「大庄水産(だいしょうすいさん)」全国30店舗各店
京急蒲田あすとウィズ店(5月3日オープン)、赤羽店、内神田店、大泉学園店、三軒茶屋店、下北沢北口店、武蔵境店、本蓮沼店、関内店、衣笠店、京急鶴見店、橋本店、武蔵新城店、武蔵中原店、わらび店、静岡駅前店、藤枝店、高崎西口店、高崎東口店、前橋店、土浦店、帯広店、帯広2号店、札幌・読売北海道ビル店、仙台国分町店、岡崎駅前店、刈谷店、錦店、明石駅前店、佐世保店

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

羽田市場

Author:羽田市場
水産物の価格下落や食生活の変化による魚介類消費の減少,資源状態の悪化,生産サイドの価格決定力喪失などによって漁業経営は悪化の一途をたどっています。50年前109万人いた漁業者は現在17万人程度、『獲れない、売れない、儲からない』そんな時代の漁業を成長産業にするためにはどうすれば良いのか?水産流通にイノベーションを起こした羽田市場®のブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。