記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牡蠣が名前の由来という会社とは?


宮城県唐桑(からくわ)より牡蠣が届きました。
せっせと殻をむいて食べています。

牡蠣は美味しいだけでなく栄養価が高く、
牡蠣の殻には炭酸カルシウムなど約80種類以上のミネラルが含まれており、
美肌成分の宝庫。
スキンケアクリームやパックなどの原料として使用されているんですって!

というのも、牡蠣は1日に約200Lもの海水を吸い込み
たくさんのミネラルやビタミンを吸収しているから。
納得です!


さて、牡蠣の煮汁から抽出した栄養分を利用して作られた、
有名なお菓子を知っていますか?


唐桑牡蠣0119


答えは


「グリコキャラメル」。


育ちざかりの子供に摂ってほしいとの思いから作られ、
グリコーゲンが社名の語源になっているんですって。

すごいぞ牡蠣!
たくさん食べて、元気かつキレイでいたいですね。


スポンサーサイト

コメント

これって!

こんばんは!
これって、女性目線が反映されてますね!
(男性も興味あるでしょうけど)
いいとこ抑えてると思います!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

羽田市場

Author:羽田市場
水産物の価格下落や食生活の変化による魚介類消費の減少,資源状態の悪化,生産サイドの価格決定力喪失などによって漁業経営は悪化の一途をたどっています。50年前109万人いた漁業者は現在17万人程度、『獲れない、売れない、儲からない』そんな時代の漁業を成長産業にするためにはどうすれば良いのか?水産流通にイノベーションを起こした羽田市場®のブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。