記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カマスはもっと人気であるべき


突然ですが、カマスはお好きですか?

今、羽田市場で“カマス論争”が勃発。

カマス0112

「主役級じゃないよね。」

「悪くはないんだけど、どうもパッとしないというか・・・」

「いやいや美味しいってば!」


食べると美味しいのに今ひとつ目立たない不遇の!?魚、カマス。
突然降りかかった災難ですww

確かにカマスは大物とは言えないし目立つ存在でもなく、
料理の幅も広くはないかもしれないけど、
カマスの美味しさは高級魚にひけを取らないと
私、自信をもっておすすめしたい!


先日お寿司屋さんでいただいたカマスの握り

カマス握り0112

白身はしっとりとして口当たりが良く、脂が乗って甘みがあり
カマスの美味しさを再発見!


カマスといえば塩焼きや干物のイメージが強いですが、
お刺身でいただく白身の味わいも抜群!


宮崎県延岡の“朝どれ”アカカマスが手に入ったので、
3枚におろして皮を残したまま焼き霜造りにしてみました。

カマス焼き霜造り0112

おおっっっ!!!
めちゃくちゃ美味しい!

皮目を炙ることで皮の香ばしさが風味に加わり
皮と身の間に隠れる一番美味しいところもく楽しめて
香り、味わい、そして食感を余すことなく堪能!

カマスのお刺身、しかもこれ、朝どれの超速鮮魚ですから
味わいの素晴らしさはこの上なし。

この味を知れば、きっとカマスが好きになるはずです。
新鮮なカマスがあればぜひ焼き霜造りで食べてみてください!

※不器用な筆者でも自分でどうにか作れました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

羽田市場

Author:羽田市場
水産物の価格下落や食生活の変化による魚介類消費の減少,資源状態の悪化,生産サイドの価格決定力喪失などによって漁業経営は悪化の一途をたどっています。50年前109万人いた漁業者は現在17万人程度、『獲れない、売れない、儲からない』そんな時代の漁業を成長産業にするためにはどうすれば良いのか?水産流通にイノベーションを起こした羽田市場®のブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。