記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

超貴重!紋別産クロガシラガレイを刺身で!

「日本海庄や」に羽田市場の超速鮮魚コラボメニューを食べに行ってみた話、最終回。(前回、前々回はこちら。)全4メニューの中でもっとも聞き慣れない魚、北海道・紋別産の黒頭ガレイ(クロガシラガレイ)をいただきます。クロガシラガレイ?食べたことがあるどころか、耳にするのも初めて、という方も少なくないと思います。という私も、今回のコラボ企画まで全く聞いたことがありませんでしたから。黒頭ガレイ薄造り(新鮮肝付)9...

続きを読む

羽田市場のズワイガニが圧倒的に美味しい理由

前回に引き続き、「日本海庄や」に羽田市場の超速鮮魚コラボメニューを食べに行ってみた話。前回の「空飛ぶイカ」、「超速鮮魚5種盛り」の他、ズワイガニもいただきました。活きズワイ蟹(刺身・七輪焼き・茹で)1杯3,500円、半杯では2,000円です(いずれも税別)。(写真は半杯です。)羽田市場のオススメするズワイガニは、北海道紋別産で揚がったもの。カニは生きたまま紋別空港から羽田へひとっ飛びして、“超速”でお店に到着...

続きを読む

「日本海庄や」で羽田市場の“空飛ぶイカ”を食べてみた!

12月24日より「日本海庄や」「大庄水産」東京・神奈川40店舗で羽田市場の超速鮮魚コラボメニューを期間限定で販売するとのことで、さっそく食べに行ってみました。初日は24日クリスマスイブ。ここにごちそうが待っているはず♪かねてから食べてみたいと思っていた、長崎・対馬産の天然ケンサキイカやヤリイカ。それがこちらで期間限定メニューとしてお目見えしています。それが『空飛ぶイカ』1杯1,200円(税別)。新鮮ゆえの美味し...

続きを読む

【12/24~1/16】超速鮮魚が「日本海庄や」「大庄水産」で食べられる!

このたび、「日本海庄や」「大庄水産」東京・神奈川40店舗にて羽田市場の超速鮮魚コラボメニュー4種を販売。期間限定で召し上がれます!メニューはこちらの4種類。■活きズワイ蟹(刺身・七輪焼き・茹で) 1杯3,500円(税別)/半杯2,000円(税別)身がぎっしりと詰まった北海道紋別産の天然ズワイ蟹を生きたまま空輸し、3つの料理方法でご提供。■空飛ぶイカ 1杯1,200円(税別) 長崎で獲れた天然ケンサキイカやヤリイカなどをす...

続きを読む

実証!ボラは美味しい!?

「食べてみました」シリーズが続いています。今回は『ボラ』。一番上の魚がボラです。「ボラ=臭みが強そう」という印象を持たれがちですが、必ずしもそうではなくボラ好きでボラ専門で釣りに行く人もいるくらい。お酒の肴として好まれる日本の三大珍味の1つ、カラスミはボラの卵巣を塩漬けし、その後天日干しで乾燥させたもの。知らずに食べていた方も少なくないかも。という筆者の私も、ボラは未知の領域。宮崎で揚がったボラを...

続きを読む

ヒトデはほんとにウニの味?

北海道・紋別から「食べてみてください」とヒトデが届きました。えっ!ヒトデが食べられるの?どこを?どうやって?というのが多くの方の印象でしょう。聞いてみると、ヒトデは卵巣部分が美味しいらしく「カニミソ」の味だとか「ウニっぽい」だとか情報もさまざま。生のままでは食べられないので、塩茹でにしていただきます。熱が加わると自分の手で簡単に割けるようになり、中から卵巣が出てくるんです。ぎっしり詰まってる!!!...

続きを読む

『ハチビキ』って知ってますか?

このお魚、知っていますか?今朝、高知で揚がった『ハチビキ』です。漢字で書くと『葉血引』。身が血のように濃い赤身であることからこのような名前がついたそうです。大きくなると60~70cmほどにまで成長し、大きいものほど脂も乗ってとても美味しくなるそうです。マグロやカツオのような赤い身は、刺身をはじめソテー、塩焼き、煮付け、汁物にしてもとても美味しいらしいです。「美味しいらしい」というのも、私自身食べたことが...

続きを読む

羽田市場の「朝獲れ」保証!

羽田市場がお届けする“超速鮮魚”、中でも当日朝獲れた魚をその日のうちにお届けする際には『朝獲れ』ステッカーを貼っています。当日午後にはお店に届いて夜のメニューに出てくるという、これ以上ない新鮮さ!本日出荷したお魚の一部をご紹介します。ボラにワラサ、マルアジ、ヒラソウダ、アカカマスなど、いずれも今朝獲れたものばかり。新鮮な魚は背中から違います!こちらはイトヒキアジにヘダイ、サゴチなど。ぴっちぴちの新鮮...

続きを読む

プロフィール

羽田市場

Author:羽田市場
水産物の価格下落や食生活の変化による魚介類消費の減少,資源状態の悪化,生産サイドの価格決定力喪失などによって漁業経営は悪化の一途をたどっています。50年前109万人いた漁業者は現在17万人程度、『獲れない、売れない、儲からない』そんな時代の漁業を成長産業にするためにはどうすれば良いのか?水産流通にイノベーションを起こした羽田市場®のブログです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。